次回!製作委員会第7回公演
「Keep heel up!〜言いたいだけ〜」チケットはこちらから

製作委員会 第7回公演「Keep heel up!〜言いたいだけ〜」 

  • 公演期間:2017年3月17日(金)〜20日(月・祝)

  • 会場:高円寺明石スタジオ

  • 出演:大倉佑介、大越陽(シーグリーン)、栗山英宜、酒井順子、作能太一(演劇ユニットAny)、高橋誠隼、朋裕城、野々村歩、馬場真彦(劇団め組)、真野マモル、溝口園枝、村上友一、友紀子、小谷陽子(製作委員会)【50音順】

  • 作・演出:小谷陽子

  • 料金:前売・当日3500円 ※17日15:00の回のみ2500円

  • 開場は開演の30分前です
  •        
  • チケットのご予約はこちらからお願い致します

タイムテーブル

3月17日(金)〜20日(月・祝)
3月17日(金) 3月18日(土) 3月19日(日) 3月20日(月・祝)
15:00 14:00 14:00 13:00
19:30 19:00 19:00 18:00

「Keep heel up!〜言いたいだけ〜」について

あらすじ

とある地方の港町一之崎。ここの漁協会館ではいま、地域おこしのために郷土資料館で活動する予定の「一之崎おもてなし武将隊」のキャスト選考会が行われている。一次選考で残ったキャスト候補たちの中から今度は配役を決める二次選考の最中なのだ。地元の漁協会長、市の観光案内課課長、郷土資料館館長、そして地元出身の演出家青井陽子らが集まる会場に、一人の武士がタイムスリップしてくる。この武士は、戦国時代に一之崎を統治していた安東氏の家臣であり、いままさに一之崎の命運を握る合戦に赴くところであった。この武士が現代にタイムスリップしてきたことによる一之崎への影響は?歴史の影に埋もれまくった名もなき民たちの末裔があれやこれや手を尽くして郷土史を元通りにしようと奮闘するコメディ。

スタッフ

  • 舞台監督:野口清和
  • 照明:内田誠 音響:谷岡すすむ
  • 企画・制作:製作委員会
  • 宣伝美術:小谷陽子

製作委員会?

2010年

小谷陽子によるプロデュースユニットとして活動をはじめる。それからゆるゆると活動を継続中。

遍歴